Javascriptのfor文の使い方

Javascriptを始めた人が必ず勉強するであろうループについて今回は解説していきたいと思います。

最近勉強を始めた人に教えていたところ、どっちを使えばいいの?ループに中に処理を書けばいいのは分かるけど、どんな風に書けばいいのかわからないと言われたので、例題を元に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

for文について

for文を使うときは、決まった回数繰り返したい時に使用します。

例えば、10個のランダムな数を表示させたいと言った時に使われるのがfor文というものになります。

基本的な書き方は次のようになります。

for (初期化式; 条件式; 加算式) {
  // 繰り返したい処理
}

一つづつ解説していきます。

初期化式・・・ループを繰り返す時に使用する、カウンタの最初の値を設定します。
条件式・・・カウンタの値がどんな条件の時に繰り返すのかを記述します。
加算式・・・繰り返す毎にカウンタの値をいくつ加算するかを記述します。

サンプルプログラム

実際に10個のランダムな数をconsoleに表示するプログラムを書いてみたいと思います。

for (let i = 0; i < 10; i++){
    console.log(Math.random());
}

この例ではまず、カウンタで使用する変数をiとして、初期値に0を設定しています。

そして繰り返されるごとに、ランダムな数がconsoleで表示され、変数iがi++によって1づつ増えていきます。i++によって計算されたのちi < 10の式が評価されます。10未満の時はtrueになるので、繰り返されます。

10回繰り返されると、iが10になります。そして i < 10が評価され、falseになるので、for文から抜けて処理が終了します。

コメント