WordPressの投稿をゴミ箱へ入れるときに確認を挟む方法

WordPressでブログを運営しているときに、投稿を間違えてゴミ箱へ入れてしまった経験がある型もたくさんいるのではないでしょうか。ゴミ箱へのボタンをクリックするだけでアラートなくゴミ箱へ入ってしまうのを防ぐ方法の紹介です。

スポンサーリンク

完成形

記事一覧画面のゴミ箱を押すとすぐにゴミ箱に入れられるのを防ぎます。

ゴミ箱を押すと下記アラートが表示されます

ここでOKを押すとゴミ箱へ移動します。キャンセルを押すとゴミ箱へ入れずに戻ります。

実装方法

外観 > テーマエディタ を開きます。

右側にテーマファイル一覧がありますので、そこからfunction.phpを選択して、一番下に下記を記述します。

// ボタンを押した際にアラートを表示
function confirm_publish() {
    echo '<script type="text/javascript"><!--
    var submitDeletes = document.querySelectorAll(\'.submitdelete\');
    if (submitDeletes !== null) {
        submitDeletes.forEach(function(submitDelete) {
            submitDelete.addEventListener(\'click\', function(event) {
                if (! confirm("ゴミ箱へ移動しても良いですか?")) {
                    event.preventDefault();
                    return false;
                }
            });
        });
    }
    --></script>';
}
add_action('admin_footer', 'confirm_publish');

最後に

間違えてゴミ箱に入れちゃう問題はWordPressで運営していく上で、いつ発生してもおかしくないですが、できるだけ防ぎたい部分かと思います。

この記述を追加するだけで、安心してブログの運営の手助けになればと思います。

コメント